ポケモンGO、欧州での反応は(北欧編)

///ポケモンGO、欧州での反応は(北欧編)

前回に続き、ポケモンGOネタです。今回は北欧ですね。前回と同じく弊社のロンドン駐在員からのレポートの続きです。

hokuo

◆北欧でも人気に火が付き…
フィンランドでは、国防軍が軍施設内での使用を禁じると発表。GPSで位置が、バーチャル・リアリティー(VR)と実際の風景を合わせるカメラ機能によって場所の様子が、情報として流出することを恐れての判断である。軍ではもともと、施設内の様子を撮影や記録することは禁じられており、新たな規制を設けた格好。なお、軍関係者でも一般的なアカウントやプリペイド方式の端末では利用可能だ。

ヘルシンキのカイサニエミ公園では22日にファン同士のイベントが開催され、数百人のプレーヤーが一同に会していた。年齢層は20~30代の大人が中心で、ビールを片手にスマートフォンを操作し、レアポケモンの出現に会場は沸き起こっていたという。(フィンランドタイムズ、フィンランド・トゥデイより)

スウェーデンでも、ポケモンを捕まえようとストックホルムのスタジアムの柵を上っていた男性が、フェンスの一部が太ももに突き刺さる大けがを負っている。(ザ・ローカルより)

By | 2017-02-18T12:33:27+00:00 2016/09/04|Categories: 北欧|0 コメント

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。