寺さんの散歩シリーズ 第四回

///寺さんの散歩シリーズ 第四回

琵琶湖

皆さん、こんにちは。ホクセイの寺島です。今年の夏は全国各地で猛暑が続き、過ごしにくい日々が多いですね。そんな暑い日々が続く中、今年のお盆は避暑地を求め、京都と滋賀の県境にある比叡山延暦寺に行って参りました。今回はその事を少しご紹介したいと思います。

 

京都といえば盆地の為、夏はとても暑いと思っている人も多いと思います。確かに、街中はとても暑いです・・・しかし山となれば別です。延暦寺は京都駅からバスで小一時間走ったところにあり、険しい山道を走行しながら琵琶湖や京都の町並みを一望できます。実際到着すると、なんと涼しく気温は25度!!真夏の京都とは思えない過ごしやすさでした。

 

東塔 寺院

延暦寺 横川

比叡山にはいつくかお堂があります。主に3つのエリアに分かれており「東塔」「西塔」「横川」を総称して延暦寺と呼ばれています。

延暦寺は天台宗の総本山であり、約1200年前に最澄が日本の国の安泰と幸せを祈って仏教を開いた場所です。最澄の教えは『個々が思いやりの心をもって一隅を照らす人になる』「一人ひとりが相手の立場に立って、自分の出来ることを精一杯行うことが、周りを良くすることに繋がる」だそうです。

 

 

この最長の教えを聞き、広大な延暦寺の地域を散歩したり、たくさんの寺院や仏像を見たりしながら、自分のことしか考えていないか、周りの役に立てているか、自分にしかできないこと・サービスは何か、など自分自身を見つめなおすことのできる旅になりました。

夏は涼しく、秋は紅葉がとても綺麗な比叡山に皆さんも是非足を伸ばしてみてください。雄大な景色や厳かな空気を味わうことができますよ。

By |2018-08-24T11:28:24+00:002018/08/24|Categories: ブログ, 散歩シリーズ|0 コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。